会長 挨拶

特定医療法人 扇翔会 設立の理念

「理想的な地域医療の体系の探求と実現」

運営の基本方針

  • 地域のニーズを重んじた医療、福祉へのとりくみ
  • 利用者の皆さんの安全と個人情報の確保
  • 専門技術の向上と設備の充実
  • 明るい雰囲気で満足感の残る診療・介護
  • 経営の安定と職員の福利の向上、維持

 特定医療法人扇翔会は、金沢市南部の住宅地に位置し地域での医療、介護、福祉を担う総合的な組織です。

 その名称は、扇台地区にあって扇の要からの拡がりの如く、常に前進の志向を持って飛翔していこうとしていることによります。翔はまた、院内の機関紙“はばたき”に由来しています。
 日々最良の方法を探り、医療の質を高めることを理念とし、患者様の立場を重んじた看護と介護をと、常に心がけています。

 一般病床46床、回復期病床36床、療養病床38床の合計120床をもつ南ヶ丘病院は、リハビリテーションセンター、通所リハビリテーション、南ヶ丘訪問看護ステーション、南ヶ丘ヘルパーステーション、南ヶ丘居宅介護支援事業所、金沢市地域包括支援センターまがえ を併設し、幅広く医療・在宅療養を行っています。

財団法人日本医療機能評価機構の認定を平成11年5月に受けました。
石川県では4番目、金沢市では最初です。(平成28年6月に再更新をいただけました)

 診療科は、内科、外科、整形外科、形成外科をはじめ、消化器、呼吸器、循環器にも専門の医師を揃え、二次以上の救急傷病にも対応できます。看護は 10対1の体制で、量・質ともに高いレベルの維持と向上をめざしています。
 また、無菌手術室、無菌病室2室、マルチスライスCT装置、MRI装置、電子内視鏡2台などを保有し、病床は個室又は2人室を多く設けています。

 各病棟には広い談話室もあり、入院環境やプライバシーの保全にも充分な配慮を払っています。外来での薬剤は100%院外処方で出しています。人間ドックのメニューは多彩で、検査項目は自由に選択もでき、報告書ファイル「健康のみちしるべ」は豪華で好評です。
 また、特定健診、特定保健指導、事業所健診、個人健康診断、健康講座、健康相談など病気の予防や早期診断にも力を入れています。

 療養病床は四つの区域に分け、石川県で最初にグループケアを取り入れています。生活の場と独立性を重んじた特異な構造で、家庭的な雰囲気で在宅療養に向けての意識の向上をサポートしています。
 また、別組織シェーネアルトでは「サービス付き高齢者向け住宅」や「憩の家」を新築し、デイサービス“憩”では24名の皆様にゆったりとした浴室をご利用頂いています。

 隣接の老健施設「なでしこの丘」は別法人の姉妹施設で密接な連携の下で運営しています。
地域の方々との交流組織「ウエルケア南ヶ丘」は、誕生日健診・病院創立記念日の行事参加・年1回の日帰りバス旅行などを企画し、200世帯近くの加入があり、楽しく活動しています。